FC2ブログ
「桃ブロ。」  鞭職人のひとりごと。   オーダーメイド鞭制作・販売 「桃鞭.com」 の更新情報、試作品のご紹介、ときどきつぶやく雑記など。
08≪ 2020| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スパンキング〇〇
色んな方から、「スパンキングラケットは作らないの?」と聞かれていまして・・・。

ちょっと時間を掛けて素材、構造、形状を検討していました。
・・・が、コレは難しい。

なかなか理想のカタチがイメージできない上に、いい音が出ない。 打感触もヨロシクない。

何度も型紙を切り、何度も試作。
まだ、完成には程遠いですが、どうにかこうにか形になったモノを、ちょっと公開してみます。
あくまで試作品ですので、そのつもりで御覧下さいませ。

今回のテーマ。

1.しっかり握れて、ヘロヘロしない(コシ強め)事。

2.良い音(スパーンと響くような)が出る事。

3.和風を取り入れる事。

形状としては、座禅の時に肩をビシッとする棒が短くなったようなカンジ。
握る部分から打面にかけて広がっていくように。

スパンキングハリセン

エグっ。(笑)

試作ということで安価なビニールレザーを使ってみたのですが、在庫がエナメル調クロコダイル型押ししかなかったワケで。

芯材と表面のビニールレザーの間には、厚さ2mmのスポンジを挟んでフチを手縫い。
ちょっとだけこんもりしてます。 2mm分の優しさをプラス。

同じものを2枚作って、グリップ部だけで接合。
2枚の打面が打った時に良い音を奏でるハズだったのですが・・・イマイチ。

ここでヒラメキ(笑)が。

人様を打つ道具なら日本古来のイイモノがあるじゃないか!

我が国が世界に誇っても良いぐらいのモノが!

コレです。

ハリセンオープン

ハリセン。 スパンキングハリセン。 スパセン。

ふざけてませんってば(笑)。

振り始めから対象に当たるまでの間、2枚の打面に隙間を作り、当たった瞬間に厚みがゼロに近くなる理想的な形状。
スバラシイ。 日本に生まれて良かった。

材質は紙です。 当たり前か、ハリセンなんだから。

大きな音が出るようにはなったものの、「スパーン」というよりは「バシャーン」ってカンジに。
中の素材も色々試してみないとダメみたいです。

ハリセンアップ

一応、中の紙部分は交換可能にしてみましたが・・・
展開図が扇子形になるので、結構大きな紙が必要になっちゃうしなぁ。

あとは耐久テストをしなくては。


2010'01'25(Mon)19:09 [ 桃鞭 試作品 ] CM2. TB0 . TOP ▲