FC2ブログ
「桃ブロ。」  鞭職人のひとりごと。   オーダーメイド鞭制作・販売 「桃鞭.com」 の更新情報、試作品のご紹介、ときどきつぶやく雑記など。
08≪ 2020| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
脳内麻薬
 先のエントリで脳内麻薬に触れましたが、今回はもうちょっと踏み込んだ話を。
医師でも学者でもない人間の戯言ですので、どうぞ適当に御聞き流しの程。

20080229111834-3[1]

 「鞭打ちによる快楽と脳内麻薬の分泌」を語る上で重要なのは「β-エンドルフィン」。
これまで発見されている約20種類の脳内麻薬様物質の代表格であり、鎮痛作用はモルヒネの6倍以上。
連続する肉体的苦痛によって分泌され、鎮痛作用、多幸感をもたらすとされる。
「ランナーズハイ」に代表される苦痛を快感に変換しようとする脳内現象は、このエンドルフィンの分泌によるものという説もある。

回避出来ない深刻な肉体的ストレスにさらされた状態が続くと、
脳内にエンドルフィンが通常より多く分泌され、人は幸福感を感じる事が出来る。

つまり鞭打ち時には、緊縛、拘束具の装着等による肉体的な拘束に加え、
回数を決める、耐える事を約束させる等の精神的な束縛状態であることが望ましい。

 
 鞭打ちを繰り返していくと(無論個人差はあるが)ある瞬間からマゾヒストの反応が劇的に変化する。
そこに辿り着くまで「耐える事」「耐えさせる事」が容易では無いのだが、それこそがSMの醍醐味ではないだろうか?

具体的な体感症状としては、「現実感の喪失」、「自己と外界を隔てる透明な壁のある感覚」、
「自分のことを遠くで自分が観察している感覚」、「自分の手足が消失する感覚」等が挙げられる。

この状態こそを「鞭酔い」と呼ぶ。・・・事にする。

 
 効率良く脳内麻薬を分泌させる鞭の打ち方に関しては、ここでは言及しないが、
β-エンドルフィンを分泌させる方法をいくつか。

現在科学的に立証されているのは
「揚げ物などのカロリーの高い食事を摂る」
「熱い湯(40℃以上)に浸かる」
などを行った後、β-エンドルフィンの分泌が確認されているそうです。

つまり、セッションの前に「トンカツを食べて、熱いお風呂に入る」事により、より良いプレイになる。・・・のか?


 ちなみに通常の性交(何を以ってそう呼ぶのか分かりませんが)でも双方にエンドルフィンの分泌は行われるそうです。


 嗚呼、人間は己の脳の奴隷なり。


なんかグダグダになってきちゃったので、他の脳内物質についてはまた今度。
2010'01'15(Fri)20:12 [ 極私的考察 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


よし、わかった。トンカツと風呂ですね。

 カツカレーでもいいですか? マクドかモスバーガーでフライドポテトをテイクアウトしてホテルに行きます。
 シャワーだけでなくてバスタブにお湯はってゆっくりつかってからセッションに臨めばいいんですね。
 あ、女王様が到着されました。一緒にポテトを食べながらティーブレイク。
 
 セッションの打ち合わせをします。


女王様:今日は何して欲しいの?

ボ ク:お馬さんごっこと顔面騎乗お願いします。

女王様:(ワンパターンなやつ.. ^^) 鞭はいいの?

ボ ク:また今度ってことで (。。)☆\バキ


 ちなみに画像が気になりますが....

2010/02/08 00:18  | URL | Homer #Tnp6hBJo [edit]


あの・・・保障は出来ませんよ(笑)

今年のマイブームだって言ってたのに・・・言ってたのに。

画像は脳みそっぽいって事で。 僕が作ったワケではありませんです。
2010/02/08 19:23  | URL | 桃太郎 #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://momomutiblog.blog88.fc2.com/tb.php/15-7e7045ff
trackback